ナチュラルドッグフード原材料調べ!健康に貢献してくれる?

ナチュラルドッグフードの原材料はどのような基準で厳選されているのか。

 

rapture_20160521152752

 

高品質だし健康にイイ!って言葉だけだとちょっと物足りないですよね。

そういうドッグフードなら結構ありますし・・・

 

しっかり原材料を把握しないことには、健康にいいなんて言い切れません。

健康にいい!食いつきがいい!

 

って宣伝されてても、バッチリ人工添加物が使用されている

なんてことも市販のドッグフードではありえること。

ではナチュラルドッグフードはどうなんだっ・・・!?

 

というところを調べていきましょうかね。

 

ナチュラルドッグフードの原材料。

ナチュラルドッグフードは、アレルギーの原因となる原材料は使用してないですね。

  • 『ラム肉』『玄米』
  • 『全粒オーツ麦』
  • 『ハーブ・野菜』
  • 『全粒大麦』
  • 『テンサイ』
  • 『亜麻仁』
  • 『ビール酵母』
  • 『海藻』
  • 『ラム精製油』

原材料はこれだけ。

 

rapture_20160521152848

 

特別多いということはありません。

ラム肉というと、あまりイメージが湧かないかもしれません。

 

実際はどうなのかというと、カロリーは控えめでヘルシーな食材

体内脂肪を燃焼させるといった効果があるんですよ。

 

ラム肉に含まれるビタミンAなんかは、皮膚や粘膜を正常に保ってくれるんです。

こうしたものが選ばれる理由になっているのですが、まだ他にもありますよ。

 

それはアレルギーを引き起こさないため。

牛肉や豚肉はアレルギーを引き起こしやすい食材と言われています。

それに比べてラム肉はアレルギーを引き起こしにくい。

 

このためラム肉が選ばれているんです。

 

穀物類は大丈夫なの?

ナチュラルドッグフードの原材料には穀物が含まれています。

しかしこれは市販のドッグフードとは違います。

rapture_20160521152921

市販の穀物となると

 

  • 『大豆』
  • 『小麦』
  • 『大麦』
  • 『とうもろこし』

このような物が含まれてますね。

この穀物は犬が消化しづらいものです。

 

そのため栄養としての価値はほとんどないんですよね。

『玄米』というのは消化しやすい食材。

 

なので犬の体にも安心なのですよ。

食物繊維が豊富なために、腸の働きを良くするという効果がある。

『全粒オーツ麦』はミネラルやビタミンが豊富。

 

犬の体の健康管理に大いに役立ってくれるんです。

もちろん消化しやすい食材ですよ^^

 

合成保存料を使用していない

ハーブや野菜、これも犬の健康には必要。

元々は肉食の犬ですが、全く必要がないということにはならない。

 

そしてこのハーブは、抗菌作用や酸化防止という役目もあるんです。

犬の健康のタメに合成保存料を使用しない!

というので、こうした素材も選ばれるワケ^^

 

もちろん栄養ありますよ!

ナチュラルドッグフードが高品質とされる理由は、ここにもあるんですね。

 

原材料は身体に良いものが厳選されているので安心

 

このように犬の健康のタメに原材料選びも徹底している。

多くの飼い主さんに選ばれる理由はこのためなんですね。

しかしこのナチュラルドッグフード。

実は成犬用なんですよね・・・

rapture_20160521153008

7ヶ月以上の成犬から老犬まで対応してます。

なので子犬には向いていないんです・・・

 

ナチュラルドッグフードは少しカロリーが控えめ。

子犬が食べられない事もないのですけど。

 

7ヶ月以上を対象にしているということを覚えておきましょう。

向いているのは生後7ヶ月以上の成犬~老犬!

 

原材料を把握してこれがウチの子に向いていると思ったら。

ナチュラルドッグフードを試してみる。

健康への第一歩ですね!