ナチュラルドッグフードの原産国はイギリス?品質は大丈夫?

ナチュラルドッグフードの原産国はイギリス。

受けるイメージとしては、品質は日本に劣るのでは・・?

と頭をよぎるのではないだろうか。

でも日本だから絶対にいいという根拠もない。

海外だから品質が悪い・・・なんて根拠もないんですね。

rapture_20160521153435

ナチュラルドッグフードの品質は

日本でもイギリスでも良いものは良いし、悪いものは悪い

日本でも市販されてるドッグフードなら品質はあまり良くないですよ。

 

ナチュラルドッグフードはどうなのか。

イギリス産のドッグフードということですが、間違いなく品質は良いです。

 

まずナチュラルドッグフードの理念。

これは自然給餌。

 

犬が本来必要としている食事を反映させて作られているということ。

自然給餌の原則。

本来の犬に必要な物だけを、バランスよく食べること。

 

そして100%無添加であることですね。

無添加となると、市販のドッグフードはこれには該当しません。

人工添加物が使用されていますしね。

 

それに品質が高い理由としては生産数も挙げられます。

市販のドッグフードとは違い、大量生産で大儲け・・!

なんてことはしません。

 

少量生産でこまめに生産していく。

そのため管理もしやすくなっているのですね。

毎回新鮮なドッグフードをこれで提供していけるのです。

 

大量生産してしばらくホームセンターで放置している、ドッグフードとはここが違う。

 

原材料と製品を厳しくチェック!

ナチュラルドッグフードの品質テストは2回。

製造前と製造後の計2回の品質チェックをしています。

製造前だと原材料のチェックですね。

rapture_20160521153532

バクテリアが繁殖していないか?など、細かいチェックが入ります。

そして製造後には出来上がった製品の検査。

 

ドッグフードを専用の機械で分析しています。

その際ドッグフードを3mmまで砕いて検査しているということ。

 

これをデータ照合して、異常があれば即座に検地されるという仕組み。

ここまで検査されているのですから、品質を疑う必要もないですね。

イギリスだからとか、日本だからというものではないです。

 

生産者がいかに犬の健康を考えるかというところが重要。

そこまで考えてくれるから愛犬に安心して与えられるのです。

 

ナチュラルドッグフードはこのようにして作られている。

だからこそ愛犬が健康でいられるということなんですね。